未来の働き方を考える。

「将来、小学生の65%が今はない職業につく」

これは、今から数年前、アメリカのデューク大学の教授キャシー・デビッドソン氏がニューヨークタイムズのインタビューで語った言葉です。「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今存在していない職業につくだろう」という話は、当時、大きな話題になったので、知ってる人も思いますが、この当時から、社会の情報化はさらに加速度的に変化し、時代はますます予測がつかなくなっています。

自分の子ども時代を思い返してみれば、その頃にはなかったモノやサービスを当たり前のように享受している今の生活を思えば、この話は、あながち現実になるかもしれません。30年程前の夏休み、小学生だった私は戦前に製造された鋼鉄製の扇風機しかついていない古い電車に乗り蒸し焼きのような暑さに耐えながら、硬券の切符を駅員さんに渡し、隙間風が入る断熱材等が入っていない木造の、バランス釜の風呂で五右衛門風呂並みに熱くなり火傷に気を付けながら入る、冷暖房は冬場の石油ストーブのみという祖父母宅に通っていたものです。
今から考えると、このような生活は当時ごく普通でした。

この場所、実は東京都の多摩地区ですが、今でも新宿駅から電車で30分位なので宅地需要も旺盛で、2040年でも人口が減らない場所と推定されております。

日本の最盛期と今でも語られているバブル期であってもなお、庶民の生活は戦後の延長上であったと改めて感じるのです。

しかし、ネットやAIが進展する事で物理的な面もそれ以外も変化が起きてきています。オートロック付きのマンションで庭仕事も必要では無く、エアコンで常時快適な室温に保ちつつ、ネットスーパー等で必要なモノは宅配してもらい、PCやスマホで銀行振り込みや記帳も行える・・・。
資産運用では、AIが運用する投資信託まで登場しています。個別銘柄の売買や銘柄選定まで人工知能が全て学習しながら行うのです。
相場師が胆力で勝負するという時代は、おとぎ話のような世相になってしまいました。

バブル期より格段に上質な生活を手に入れてしまった現代人。
この生活の進歩は嫌でも今後ますます進みます。
その時に必要とされる仕事上のスキルは、今の我々の想像を超えたレベルなのかもしれません。時代によって暮らしはかわり、仕事のありようもかわります。+

今から30年後、どうなっているのかを考えると、国語算数理科社会以外の勉強も子供たちが果敢に取り組み、知見を広げていく事で変化に対応できるような柔らかいアタマを作る大切さを考えている最近です。

ロボ団泉大津校スタッフ 堀田